新幹線の乗車券を安く購入するには

駅の近くにある金券ショップで購入

新幹線の乗車券の価格は、オークションなどで購入する以外は駅の緑の窓口で正規購入するか、金券ショップしかない。 やはり昔は一般的に指定席より自由席の方が格安のイメージがあったが、これは現在では価格は数百円しか変わらない事とチケットそのものが発行されていない。 そのため、金券ショップでもそこまで乗車券が格安になるわけではないのだ。 これが、またどうしても希望するものが商品としてあるかどうかわからない状態だ。 しかし、僅かに数パーセントでも割引になるなら新幹線を利用する頻度が高い人などは、このように金券ショップを利用するか回数券を購入することが割安になる。 そもそも世間的にも、リアルにこれが金券ショップの新幹線のチケットはつづりの回数券です。 ここで切り離しバラにして小分けで売っているものであるから、この利益が乗る分緑の窓口での購入があるが、現段階では一番安い価格といわれている。

新幹線のチケットをクレジットカードで支払う

カード会社に換金の可能性を問われることがある

これは、クレジットカード会社が換金目的での買い物を禁じているためで月に何度も乗車券や航空券を購入する人は、ここで注意が必要と一般的に見なされているからである。 当然のことながら場合によっては、カードの利用停止やブラックの扱いになってしまうこともケースや状況によってはあるという。 金券ショップに馴染みがない人は、乗車券やコンサートのチケットを売るのも買うのも大きな抵抗があると言われている。 その結果これは上手く使えないものや要らなくなったもの、余ったものを現金に換えるやり方はリサイクルとして今も成り立っている。 お客様のアンケートなどを踏まえてみると、自然のエコや資源の無駄使いをすることが多くあります。 ここで唱える現代には金券ショップは、今の時代的にもフィットしている便利なサービスと言える。

このページの先頭へ