切手や古いお金を取り扱っていた店舗が金券ショップをやっていることが多い

価値あるプレミア切手やレアな記念商品も

切手収集と言えば、今日現在でも収集家が多く存在しているジャンルで、記念切手や珍しいものは高値で取引されている。 重要なのはもともと、金券ショップは切手や古いお金、骨董品を取り扱う事が多く現在のようにコンサートのチケットや新幹線の乗車券などをメインで取り扱うお店ではなかった。 古物商許可が必要になる前は、コレクターが集まる店舗が実在していて本当に多かったのです。 これは実は法律改正後から現在にかけては今の形がメジャーで最も主流だ。 中には外貨両替や携帯電話の買い取りなどをしていたりしますので、これは金やプラチナやダイヤモンドを数種類も取り扱うところもある。 そして、実際これは昔のような切手や硬貨の転売や取引をしているのはどうでしょうか。 これが現在では非常に少なく一部のマニアなニッチなものと今では変化しなってしまったことが、時代の移り変わりとともにかなり寂しくも感じられる。

金券ショップで記念切手シートを購入する

中には通常額の数十倍のレアな切手も

コレクターにとってはオリンピックやワールドカップなどの記念行事の切手は価値があり、それはどんな価格でも購入したいものだ。 駅前の金券ショップではそのようなものだけでなく、普通はがきや収入印紙なども割引です。 これを取り扱っているところがある。 年賀はがきや暑中見舞いなど大量購入が必要とされる場合は、郵便局での購入よりかなり安く済む。 また、現在では店舗によっては、置物や骨董品なども取り扱っているところがあるので、ここでは少しでもお金にしたいものがある場合は、これは金券ショップが役に立つと言われている。

このページの先頭へ