金券ショップの新幹線の乗車券の価格は?

自由席の回数券が近距離しかない?

金券ショップは新幹線の回数券を買い取り、それをバラにして少し儲けを乗せ売り捌くことで利益を出していく。 しかし、最近ではJRが近距離の新幹線のチケットしか、乗車券を発行していないためものがない状態であると言えるだろう。 大阪から博多間のように区間によっては金券ショップで購入することが得な場合がある。 その手間やメリットを考えると数百円しか変わらないのであるならば時間や座席の指定の事も考えるとどちらが良いかは本当に謎である。 昭和時代は、このように金券ショップで新幹線の乗車券を購入することが安い昔からのイメージは確実にあったかが大切です。 これは実際に比較してもこれはインターネットの普及やWEB購入で家を出ずに、このように簡単にチケットを購入できる現在ではこのシステムは微妙である。

金券ショップの新幹線乗車券の買い取り価格

区間にもよるが80%から93%ぐらいが妥当

金券ショップで新幹線の乗車券や回数券を売る場合、期待しているような額を得られるかどうかは区間で決まってくる。 特にこれは人気区間である東京~新大阪間などは90%を超える買い取り価格だ。 つまり、これは東京~新横浜は80%程度の価格になる。 また、これは当然のことながら季節や時期、一般的に金券ショップが抱えるような乗車券の在庫数によっても変化するのです。 この価格は変動するのだが、これを平均して8割程度と考えた方がどう考えても無難である。 そして緑の窓口に行きチケットを交換することや金券ショップでの換金などを考えるとどうなるのでしょうか。 このようなポイントは本当に節約をしたい人だけが購入すると考えていいだろう。 一般の学生などは学割を使った方が安い価格で抑えられる事もあるのです。 ここで損得をしっかりミスの無いように隈なくチェックし計算しなくてはいけない。

このページの先頭へ